ブログ

議案外質問

わずか2週間の会期でしたが、本当に長く感じた定例市会でした。

昨日のブログにも書きましたように、朝から晩まで続いた本会議。

午前中は、みんなの党が突如、提案した議案の一つ、議員定数の大幅削減案(総定数を69から52に削減)をわが会派の森本真議員(長田区)の質疑に対し、みんなの党議員団は、17議席も削減する根拠をまともに示せませんでした。

議員バッシングが強くなっている現状を真摯に受けとめなければなりませんが、議員を減らすことは、却って議会に市民の声を届かないようにしてしまいます。

私の質問は公明党に続いて午後4時過ぎからでした(40分間)。

4問準備しましたが、共産党議員団としてもっとも時間配分を重視したのは、福祉乗車証(福祉パス)制度の「見直し」についてでした。

神戸市の制度は全国的に見て最も優れた制度であり、現行制度を守るべきです。

「見直し」が敬老パスのときのように、制度そのものを後退させることだけは絶対に阻止しなければなりません。

地元・垂水からよく傍聴に来ていただきました(^^)

原発・こども病院・福祉パス、どれもこれからの運動如何にかかってきます。

一転共闘で大きな運動にしていきたいです。

社会的弱者の立場に立った質問を

明日は、定例市会の最終日。

午前10時から始まり、終わるのは午後8時を過ぎる模様。

私の質問は午後4時ごろの予定です。

大きく4問準備しています。

なかでも福祉乗車証(福祉パス)制度について現行制度を守る立場で当局を質していきたいと思います。

このブログを書いている間に、私の小学校時代の恩師から電話がありました。

80歳の方ですが、傍聴に来ていただけると。

車椅子で傍聴に来て下さる方もいます。

前日はあまり根詰めず、明日に備えてたいと思います。

“P柵”の改善を~車椅子の方から要望

写真の白い柵は“P柵”とよばれるものです。

バイクの進入を防ぐために市内の公園などに設置されています(写真は、垂水区本多聞南公園)。

最近、外国製の大きな電動式車椅子が普及しています。それは下段の写真のように座高が高いため、P柵を潜り抜けられず、中に入れないので

改善して欲しいとの要望がたくさん出ているそうです。

私も身体に障がいをもつ知人からそういった話を聴き、先日、垂水建設事務所長とも懇談しました。

私は今日の建設水道委員会で質問として取り上げ、改善するよう強く要望しました。

建設局は、「ご指摘のた要望はたくさん来ている。今何ができるのか、しっかり検討していきたい」と答弁しました。

突然、バイクが故障!!

今朝、新聞配達中に突然バイクが動かなくなるというハプニングに遭いました。

どうも、バッテリーが上がっているようで、朝の忙しい時間帯にひやっとしました(・・;)

午前10時から本会議。

こんな日に、遅刻したらたいへんです!

私にとって、最寄駅までの通勤でも区内の移動でも、バイクは必需品なので、もし、8時や9時代にそんな目にあったら…。

本会議では、わが会派の松本則子議員をはじめ、3人が議案に対する質疑をおこないました。

私は、ちょうど1週間後の22日に、同じく本会議場で質問(議案外質問)をします。

一生懸命準備をしている最中です。

出張最終日

 9日(最終日)は、今治市役所(愛媛県最大の工業都市)を訪問。

いま、全国一の生産・出荷額に達し、ブランド化され、海外展開するまでに成長した「今治タオル」産業に行政がどうかかわったかについて勉強しました。

10年ほど前までは、中国製タオルに圧されて、危機的な状況だったようですが、今治市が国からの補助事業を積極的に活用して今治タオルのブランド化を図ったことなどが功を奏して今日に至っているようです。

神戸市も古くからある中小企業を元気づける姿勢が問われていると思います。

 ところで現在、今治タオルの企業数はそれでも、198社から121社(組合員数で)と減っており、かなりの中小業者が淘汰されているようです。

また昔からの技術職人が活躍する場は、かなり少なくなっています。

地元の人の話では、「私なんかは安いのしか買わない。タオルも造船もパッとしませんよ」。

当局からの話では、「ここまでの努力がなければ、今日の今治タオルはありません」とおっしゃいますが、国内外の経済情勢に業績はかなり影響することを認めています。

TPP参加や消費税増税はせっかくの努力と成長に冷や水をかけてしまうことになります。

 閑話休題。

今日は市会議員団から神戸市に対して、「大飯原発再稼動の中止を求める」申し入れをおこないました。

昨日のブログで少し触れましたが、私は原爆被害者の会で長らく活動されてきた80歳の女性の方の原発政策への怒りの声を思い浮かべながら申し入れに参加しました。

申し入れそのものの内容は、市会議員団ホームページにアップされると思いますのでご参照ください。

いまこそ共産党の出番!

 翌8日は広島市役所へ。

小規模工事登録制度を共産党市議団の粘り強い議会での質問(控え室に伺い、短時間ですが懇談しました)や地元中小業者の要求運動が実って、実現しました。

5~10万円前後の工事を地元の中小零細業者が受注しやすい仕組みになっています。神戸市には制度が存在しません。

契約実績も着実に伸ばしてきています。

広島市が制度の積極的活用をよびかけています。

ただ、市税や消費税などを滞納している業者は制度の対象から外されてしまいます(税金で仕事づくりを支援していますからでしょう)。

 野田政権が「社会保障と税の一体改革」法案を強引に通過させ、消費税の増税に執念を燃やしていますが、もし増税されれば、せっかくの制度を活用できなくなる業者が激増することになるのではないかと思いました。
 

 さて、今日は堀内照文さんが久しぶりに垂水に来たので、今朝は私とともに垂水駅周辺の商店などをあいさつ回り。

「原子炉の中をのぞいたことも、被爆の体験もしてないくせに、なんで原発再稼動なんて、怒りがこみ上げてくる」

「消費税を上げられたら、店をやめようかと考えている」

「地デジ対応で売り上げが伸びたように言われるけど、あれでカツカツなんです(電気屋)」

「本当に消費税上げなくてやっていけるの?」などの声に、堀内さんは[提言」パンフを手渡し、甘いソフトな口調で語りかけ、意気投合!

「こういうときにこそ、共産党の出番やね」と、何件かに励まされ、これまでになくよい反応でした(^^)/

Page 20 of 26« First...101819202122...Last »