ブログ

2018年のスタート!今年もよろしくお願いします(^^)/


    2018年。
    新年あけましておめでとうございます。
    今朝は垂水駅前で街頭宣伝をしました。
    海神社へ参拝に向かわれる方が多かったと思います。

    平穏無事に幸せに、過ごしたい。
    夢をかなえられるよう一生懸命頑張りたい。
    昨年よりは良い一年であることを願いたい…

    しかし、現実は。
    国際情勢は不安なことが尽きません。
    日々の生活も不安が増すばかり。
    さまざまな思いに応えることが出来るのは、現在の日本国憲法に基づいて政治や社会を運営していくことではないでしょうか。
    宣伝中に、「久しぶり!」と声をかけてくださる方も。
    いつでも思うのですが、それはとても嬉しいです。
    町内会の方、同窓生のつながり、どこかでお目にかかったことがる方、遠い親戚…
    「共産党、しっかり頑張れよ!」と叱咤激励も!
    一日一日の時間を大事にしていきたいと思います。

    (左は衆議院選挙で奮闘した、ふじたに香恵子さん、演説しているのは今井まさこ市議)

「日本の未来と日本共産党を語るつどい」~田村智子副委員長を迎えて

    今日は、「日本の未来と日本共産党を語るつどい」という企画の日です。
    あいにくの天候でしたが。
    会場は須磨区名谷。
    須磨パティオの健康館内の大ホール。

    こんなに人がたくさん ヽ(^o^)丿!
    350人集まって、立ち見も!!


    神戸では珍しく、田村智子さん(日本共産党副委員長・参議院議員)に来ていただきました。

    演説会ではありません。
    「共産党はまともなこと言うけど、やっぱり、ちょっと抵抗あるなぁ」
    「名前がどうもなあ…」
    「国会議員が来るんか!」。

    選挙が終わって1か月余り。
    日本共産党がいま、どう考えているのか、これからどう頑張ろうとしているのか、正直に語り、疑問に答える企画でした。

    まず、地元の民主青年同盟の人が、自身の体験談と民青同盟の魅力や値打ちを紹介(あまり体調が万全ではなかったようでしたが、しっかりまとまった話でした)。

    堀内照文前衆議院議員からは、選挙戦を通じて得たかけがえのない出会いや経験、再び国会へ戻る強い決意が語られ、会場からは大きな拍手。

    ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

    「日本国憲法を真ん中にした、市民と野党との共闘こそが政治を変える力です。国民は数合わせの二大政党制を望んでいないことが選挙の結果で示されました。」

    「日本共産党は、単独で政治を変えようとは考えていません。『国民こそ主人公』の考えを根っこにもつ政党です。統一戦線で政治を変えることを綱領にしっかりと明記しています。」

    「共産党という党名に込められた意味は、私たちの正直な思いです。競争と大企業のもうけ最優先の政治で、無数の犠牲者を生み出すのではなく、資本主義の矛盾を乗り越えて新しい社会を、未来社会を見通し、国民とともにつくっていきます。」などと、田村智子副委員長。

    ◇その後の「質問コーナー」の時間では…
    「北朝鮮問題、不安です。韓国では本当に危険な状況になっていますが、大丈夫でしょうか?」
    「垂水では神戸掖済会病院の小児科が来年3月で閉鎖されることになろうとしており、若いお母さんたちが不安がっています。神戸市に働きかけていきます。同じようなことが全国でも起こっていると思いますが、国として、何かできることはないのでしょうか?」
    「私は灘区から来ました。これからの社会のことが不安です!」
    などと、田村さんに質問が。

    「軍事ではなく、話し合いによる解決以外に道はありません。”戦争になっても仕方がない”外交ではなく、戦争を避けるためには話し合いによる解決以外にはあり得ません」

    「医師不足は深刻です。現場の声にこたえた人員配置が必要です。診療報酬の引き下げはさらに追い打ちをかけてしまいます。社会保障の思い切った増額に急いで取り組みたい」。

    □    □    □
    会場からの真剣な質問や日頃の思いに明快に答えていただきました。

    「いい話だった!」
    「田村さんって、ハキハキした元気な方ですね」。

    これが、議席を減らした後の集まりか!?

    熱気に包まれ、あっという間の2時間でした(^^)

本番直前!垂水の演説会

本日ご参加のみなさん、ありがとうございます。
主催者の一人として御礼申し上げます。
明日まで、神戸市会です。
明日、市長への一般質問がおこなわれますが、市長選挙で維新の候補が(まだ、議員ですので)質問します。議員定数の削減、政務活動費について質問するようです。議員定数は市長が決めるわけではない、何を意味しているのだろう?政務活動費問題は…これもです。
必要なことは100条調査権を付与する特別委員会の設置です。
共産党、12人を伸ばして、徹底追及させてください。
補欠選挙では、福祉の現場で17年間頑張ってきた方でもあり、人の苦しみに心を寄せる優しい方です。そんな人が市議会に必要です。
取り戻しましょう。神戸に「福祉の心」を!
戸田あきらさんをよろしくお願いします。
久元市長は、三宮一極集中の巨大開発に力を入れてきました。
その目玉の一つが巨大バスターミナル。
でも、垂水まで出てくるのさえも、地域によってはたいへんではないでしょか?
巨大なバスターミナルよりも、地域のバス路線を改善する方がよっぽど、市民に歓ばれるのではないでしょうか?
久元市長の下で、何か良くなりましたでしょうか?
フレイル健診を実施しています。
健康寿命を伸ばすためだとか…
でも、この財源、敬老祝い金を廃止したものです!!
すべての高齢者を敬う気持ちがあれば、できないことです。
運動によって、災害援護資金の返済に苦しんでおられる方が、救われることになりました。
就学援助の入学準備金の3月支給が実現することになります。
市長が変われば、いろんな要求が実現できます。
神戸市は6年連続で一般会計が黒字です。
9億円の黒字です。市長が変われば、予算の中身が変わる!
是非、「松田たかひこ市長」を誕生させましょう!!
今日は、新社会党から門永さんが応援に駆け付けていただきました。
心強いことです。
全国でも県内各地でも、市民と野党との共闘がかなりのスピードで進んでいます。
日本共産党は、新しい総選挙政策を昨日発表しました。
①最大争点である安倍暴走政治に退場の審判をくだす。
②市民と野党の共闘で政治を変える─この基本姿勢を貫いたものです。
対話の輪、支持の輪を大いに広げていき、比例区での躍進を、選挙区は、8区の堀内衆議院議員、9区は新社会党の菊地憲之さん、そして、地元3区の冨士谷香恵子さんを押し上げて、自公と補完勢力(希望も含めた改憲派)を追い詰めていきましょう!
◇     ◇     ◇     ◇
私が話した内容です。

帰りは3人が参加者一人一人に握手。
「演説良かったで!」
「頑張ってよ!!」

西区で松田たかひこさんがスピーチ


9月30日、西区民センターで神戸西地区の日本共産党と党後援会主催の決起集会が行われました。「あったか神戸」共同代表の松田たかひこさんが、途中駆けつけてくれ、スピーチしてくださいました。動画をお届けします。

松田たかひこさんと宣伝カーで


    市長予定候補の松田たかひこさんが今朝から垂水で訴えました。
    写真の後ろに見える小売店舗は、多聞台で撮影したもの。
    ほとんど、シャッターが降ろされています。
    開業しているあるお店の店主に、要望をお聞きしたら、「年寄りやから、後は老後のことだけが心配や」。

    復興住宅で演説中、「政務活動費の不正使用問題を何とかしてくださいよ!どこも入れるとこないから、あんたんとこに入れるけど」。
    なかなか辛口でしたが、大事なご意見でした。

    西舞子で演説中、松田さんの話をじっと最後まで聞き入る女性も。
    今、とても頑張り時です!!

松田たかひこさん─「市民にあたたかい神戸をつくる会」事務所開きで挨拶

    今日、夕方6時から「市民にあたたかい神戸をつくる会」の事務所開きが元町通界隈でおこなわれ、松田たかひこさん(「あったか神戸」共同代表・日本共産党兵庫県委員会委員長)を始め、各氏が挨拶と、神戸市長選挙への思いを語りました。動画は、松田たかひこさんのあいあさつです。途中から撮影し、ちょっと聞き苦しいかもわかりませんが、「あったか神戸」の政策の一端を是非、お聞きください。

Page 1 of 24123451020...Last »