ブログ

消費増税反対署名

14日に天ノ下郵便局前で、18日は明舞センターで街頭宣伝・署名行動に取り組みました。

消費税増税反対の署名―今回の行動では、これまで以上に対話が弾んだなというのが、取り組んだ者としての共通した実感でした。

「これ以上消費税上がったら生活できない」

「病院にも行けんようになる」

「寒いのにようがんばりますね!」と声をかけて激励してくれる人や、

「反対だけど、10%やられるんとちゃう?」

「1000兆円近い借金はそうするんや」などと疑問を投げかけてくる人もいました。

マスコミが流す「消費税増税は必要」という報道に多くの人が惑わされていると思います。

宣伝と対話の大切さを感じました。

初心に立ち返れ

厳しい寒さが続いています。

「ああ、こんな日に駅立ちを入れるもんやないなあ…」

今日は、お昼の時間帯に「消費税をなくす会」の街頭署名をしましたが、垂水駅周辺にビル風が吹き荒れ、強烈な冷たさが身に凍みた1時間でしたので、夕方、同じ駅頭で立つのは、もっと悲惨!”やめようかなあ~でも、誰か手伝いに来てくれてるかもしれないしなぁ…」と迷いながら午後5時前の垂水東口で宣伝を開始。

しかし、誰も来ていませんでした。

唯独りでの街頭宣伝。

やめるも良し、続けるのも良し!

のぼりを立てて、ハンドマイクを握り、薄暗い町中を、家路を急ぐ市民にビラを配る。

しかしその割には、いろいろな反応がありました。「民主党に裏切られた。今までかけてきたお金を返してほしい」と怒る年金生活者、「難病を抱えた主人にいい病院はないものでしょうか」医療の相談、「(ビラを手にとって)共産党?ちょっとあわないなあ」などなど、対話がはずんだ1時間でした。

事務所に帰ると、新しいビラが積まれているのに気づく。

手にとってみると、私たち共産党市会議員団そろい踏みの写真に自分も写っている。

後列右端に私自身が立っている!

「ああ、オレも今、この中の一員に入っているんだなあ…」と、1年前の心境を思い出しました。

初心を忘れるな!

大震災から100日

東日本大震災から100日が経過しました。夏に近づき、全く復興の見通しがみえない状況にありますが、「なんとかしなければならない」という国民の気持ちは途絶えることがありません。昨日、日本共産党県委員会事務所で催された女性後援会によるバザーが大盛況で、私も昼間の合間をみて顔を出しましたが、午前中でほとんどの品物が売れ切ってしまった様子でした。今日は垂水駅前で1時間ほど「原発からの撤退を求める署名」を訴え、46筆詰まりました。いつになく、若い人が立ち止まって署名に応じてくれたのが印象的でした。これからのエネルギー政策について、疑問や不安を抱いておられる人も多いなとも思います。署名活動とともに、対話や懇談・学習会などを多彩に行い、期限を決めた原発からの撤退、自然エネルギーに取って代わる社会へ国民とともに歩んでいくことが大事だなと思います。

バス停の屋根から雨水

昨日のことですが…。朝、学園都市駅で宣伝中に、

バス停通路の屋根から雨水が滴り落ちてくることに気づきました。

雨など降っていなかったのに、写真のように、水溜りが!

バスを下車して駅の構内に急ぐ通勤客にとっては、困ったことです。たぶん、経年劣化したためでしょう。すぐに、交通局に問い合わせ、調べていただくことになりました。すぐにでも改修していただきたいと思います。

メーデー

昨日、三ノ宮東遊園地へ、第82回メーデーの集会に参加してきました。今年は、震災直後と言うことで、「原発反対」「ストップ原発」「被災者救援」等のプラカードが目立ちました。写真は、市会議員団がデモ行進参加者に激励をしているところ。雨で横断写幕がボロボロになりました(^^;)

バス停前であらためて募金の訴え

今日、明舞センターバス停前で、東日本大震災被災地への救援募金活動をおこないました。来月には、日本共産党として、現地へボランティア活動に足を運ぶ予定です。道行く人たちから、私の当選を心から喜んでいただいています。責任重大です。6月11日から公職に付きますが、初心を大事にし、先の悔しかった4年間をバネにして議席をいただいたうれしさを噛みしめながらがんばっていきたいと思います。

Page 20 of 23« First...101819202122...Last »