ブログ

三ノ宮そごう前での志位演説会

今日は三ノ宮そごう前で街頭演説会でした。

「わあ、志位さんが来てる。すごい集まり!」と歩道を横切る若い人から漏れた感想が聞こえて来ました。

寒さを吹き飛ばすかのような熱気溢れる演説会だったと思います。

堀内照文比例代表候補、ふじたに香恵子候補など兵庫県すべての小選挙区候補が勢揃いしました。

志位和夫委員長は、「消費税増税は最悪の景気破壊です」

「憲法9条を守ろう!」

「沖縄県知事選挙結果にも関わらず、新基地建設を強行する安倍内閣。これは決して沖縄だけの問題ではありません。民主主義を踏みにじる暴挙です」

「他党は、『自ら身を切る』というならば、政党助成金こそ、廃止すべきではないでじょうか」などとの訴えに、ひときわ大きな拍手が鳴り響いたような気がしました。

終了後に陣取りをしたのは公明党でした。

代表が来ての演説会だったようですが、わが党の演説会に比べて、集まりがかなり少なかったようでした。

あと、残り1週間。

悲願である兵庫県から国会議員を送り出せるか、衆議院の議席を大幅に増やせるのか、最後までの頑張りに掛かってきます。

垂水区演説会で私が話した内容

昨日の演説会で私が話した内容(要約)です。

◻                        ◻                          ◻

こんばんわ。遅い時間ですがお越しいただきまして有り難うございます。また、今回初めて日本共産党の演説会にお越しの方もおられます。本当に有り難うございます。最近垂水区では学園都市から垂水北部を経由する交通渋滞の問題がとても深刻になってきております。もともと、ここの開発には、これ以上緑を破壊するべきではないと、反対をしてきました。しかし、今となってはスクールゾーンの交通安全など放置出来ない、警察行政にも関わることでもあり、「ふじたに香恵子県会議員」誕生でともに責任を果たしていかなければなりません。

地方議員は市民にとって最も身近な政治家です。共産党市会議員団は現在9人。今度今井さんと私を含めて12人全員の当選を目指しています。では、なぜ、議員の数を増やさなければならないのでしょうか。私なりに3つの理由を述べたいと思います。

〔1〕安倍内閣の暴走を神戸から食い止めよう。

全国224の地方議会で集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対する意見書案などが可決をされています。私はすべての市会各会派に申し入れ、神戸市議会からも意見書をあげていくこと提案しました。しかし、結果は賛成少数で否決。反対した自民・公明などは「従来の憲法解釈は変わらない」「専守防衛は維持される」などと。地球の裏側まででも、派兵して武力行使を認めておいて、何が「憲法解釈は変わらない」でしょうか。日本共産党の躍進で暴走政治に痛打を与えようではありませんか。

〔2〕黒字を作ったのなら市民福祉の向上に。

神戸市はエンタープライズゾーン条例を改定して、大企業を中心に固定資産税などの市税を最大10年間で9割も減免して、大企業誘致のための優遇策を行っています。しかし、1人も正規従業員を雇用しない企業、労働者派遣事業を行っている企業も認定しています。一方、市民には「なお厳しい財政事情で…」と我慢を強いる。では、実態はどうでしょうか。この3ヵ年、毎年約20億円の実質収支黒字です。自由に使える積立金である「財政調整基金」は110億円もたまってきています。これは、介護保険料の値上げ、公立保育所の廃止・民営化など、福祉削減の結果でもあります。この基金、いずれは使われます。私は市民に訴えたい。大いに福祉・くらしを良くするために声をあげていきましょう、と。

〔3〕住民運動と連携し市政を動かす

「子育て支援を強める」ことは重要な課題です。日本共産党は中学校給食の実現、保育所問題などに取り組んできました。少子化と言われますが、マンション建設が進む地域などでは、児童数が急増して教室などが不足し過密状態になっている学校があります。しかし、どこも長年にわたってプレハブ校舎での対応です。神戸市は校舎や学校を急いで新築していくべきです。こどもの医療費の中学校3年生までの無料化はもうちょっとのところまできています。最近、市会に提出された請願は不採択にならず、継続審査扱いになりました。市民の運動が市政を動かしています。日本共産党の躍進で、市民の声がもっと届く市議会にしていこうではありませんか。

私はいろいろな壁にぶつかりながらも皆様に支えられて来ました。私は垂水っ子です。幼馴染みなどからも激励を受けてきています。「困っている人をほっとけない」が私の政治心情です。これからもそういう議員として、最も身近な政治家として成長していきたい。時間はあまりありません。腹をくくって臨んでいます。貴重な時間をいただきまして、ありがとうございました。

垂水年金会館で演説会

4月のいっせい地方選挙まで残り数ヵ月。

今日は宮本たけし衆議院議員を招いて演説会をおこないました。

〔1〕場所は垂水年金会館。普段は比較的安価に会議室を使用でき、児童館や地域福祉センター、ダンス教室など区民から多種多様な用途に利用されています。約40年間市民に利用されて来ている公的施設です。国道2号線をはさんで南側にあります。歩道橋や横断歩道をわたると到着できます。はじめて訪れる人にもっとわかりすく表示すると良いと思います。

〔2〕宮本さんは、「いつ解散総選挙になってもおかしくない状況になっています」と報告しました。

ふじたにさん、今井さんと私、それぞれが決意表明や活動報告を。

初めて共産党の演説会に聞きに来られた方、ベテランの党員の方、婦人、高齢者…壇上から見える目線と反応、帰りに一人一人と握手。

いろんな見方、感じ方があろうかと思います。

正真正銘の共産党の演説会とは言え、゛アウェイ゛な気持ちになり、緊張します。

いつも。

神戸市でも、こどもの医療費を中学校3年生まで無料に!

こどもの医療費を中学校3年生まで無料に!

日本共産党は、一貫して要求してきました。

14億円で神戸市でも実現できます。

市民から先日の市議会に寄せられた請願は、継続審議扱いになっています。

無料化は市長の選挙でもありました。

早期実現を目指して頑張っています。

今日はあいにくの天気だったのですが…

久しぶりに「ふれあい喫茶」に参加しました。

昨日から3ヶ所行きました。

これまで、議会のため、時間調整できなかったため、ご無沙汰していました。

どこも地域の方々に支えられ、明るい雰囲気で運営されています。

個人的に嬉しかったのは、以前私が生活相談の依頼を受けたMさんと、偶然再会できたことです。

身体に障がいをもちながらも孤独な毎日を過ごしてきたMさんが、近所付き合いを始め、「ふれあい喫茶」を知ったようで、たいへん明るい笑顔で、同じテーブルに座る人達と歓談したり、カラオケで歌を披露したりと。

会場を後に私は宣伝カーで街頭演説を。

写真は五色塚古墳の前にて。

ここで、また久しぶりの再会!

奥さんが脳梗塞を患い、ご主人が車イスでの移動を介助。

「何度かウチを訪ねて来てくれてありがとう」

演説に力が入りました。

「困っている人をほっとけない!福祉とくらしを守る身近な政治家としてこれからも頑張ります」。

「海外へ戦争する国づくり」を許さない。

この写真は、夏ごろに垂水駅の近くのスーパー前で撮ったものです。

憲法9条を守り、海外へ戦争する国づくりを阻止することを訴え、署名を集めました(ふじたに香恵子さんと)。

Page 21 of 29« First...101920212223...Last »