ブログ

今年初めての視察。

外郭団体に関する特別委員会から他都市への視察に行ってきました。
1月25日から26日までの2日間。
1月25日(木)
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(東京都江東区)
品川区社会福祉協議会(東京都品川区)
1月26日(金)
柏の葉アーバンデザインセンター(千葉県柏市)
の3か所です。
◇     ◇     ◇
今日は品川区での視察について…

東京地方もこの日は晴れ。
しかし雪が残っていました。

品川区社会福祉協議会。
視察の目的は成年後見センター事業についてです。
「品川成年後見センター」を2002(平成14)年度に開設し、成年後見制度の情報提供と相談活動を行っています。
希望者は契約手続き料と毎月の基本料金を払って各種のサービスを受けることが出来ます。
定期的な訪問、緊急通報システムの設置、貸金庫の利用、入院費の支払いや定期的な支払の手伝いなどを行っています。
公正証書遺言の作成手続きの支援も行っています。
私が興味を抱いたのは、緊急通報システムを設置するサービス(月極めで有料)。
ペンダント型の非常ボタンで119番通報できるサービス(神戸市がかつて、ケアライン119でペンダント型の非常ボタンを使用しましたが…やっぱり、使いやすいとうかがいました)。

「任意後見契約は発効するタイミングが最も難しいです」と担当職員。
発見・相談…近隣の個々の住民からの情報をしっかりキャッチするのに、行政の役割がとても重要だと。「利用の促進やマッチングに区行政が果たす役割が重要です」と職員が語っていました。
「〇〇さん、こんにちはー!」
「お元気ですか?」。
対象の方の判断能力を確認するために職員が定期的に訪問や電話をして様子を観察し、適切と判断したタイミングで任意後見制度につなげます。
今後、成年後見制度の活用者数が益々増える見込み。
「ますます職員が増えるに越したことはないです」。

社会福祉協議会や他、5つのNPO法人等が団体として後見活動行っていることも大きな特徴。
判断能力が低下しても身近に成年後見人などになる親族がいない場合に、区社協や他団体が成年後見人等を受任するようにしています。
「法人後見」といわれる制度です。
「(品川区社協の事務局長は)引き受けることについてはそんなに心配する必要はありません」と語っていました。

認知症や知的障がいなどと向き合って生活している人。
もちろん後見人には、その人の意思を尊重する義務があります。
成年後見人の数だけ増やせばいいというものではありません。
しかし、お話をうかがっていて、しっかりした研修を実施している印象を持ちました。

2018年のスタート!今年もよろしくお願いします(^^)/


    2018年。
    新年あけましておめでとうございます。
    今朝は垂水駅前で街頭宣伝をしました。
    海神社へ参拝に向かわれる方が多かったと思います。

    平穏無事に幸せに、過ごしたい。
    夢をかなえられるよう一生懸命頑張りたい。
    昨年よりは良い一年であることを願いたい…

    しかし、現実は。
    国際情勢は不安なことが尽きません。
    日々の生活も不安が増すばかり。
    さまざまな思いに応えることが出来るのは、現在の日本国憲法に基づいて政治や社会を運営していくことではないでしょうか。
    宣伝中に、「久しぶり!」と声をかけてくださる方も。
    いつでも思うのですが、それはとても嬉しいです。
    町内会の方、同窓生のつながり、どこかでお目にかかったことがる方、遠い親戚…
    「共産党、しっかり頑張れよ!」と叱咤激励も!
    一日一日の時間を大事にしていきたいと思います。

    (左は衆議院選挙で奮闘した、ふじたに香恵子さん、演説しているのは今井まさこ市議)

ゴスペルのライブっていいな

    昨日の、「外郭団体に関する特別委員会」で、私の今年の議会日程は全部終了~!!
    やっと、終わった…議員控室に、自宅に、溜まりに溜まった書類、資料、メモの山を年内に何とか片付けよう!!
    本日は土曜日。
    今朝は新聞配達からスタート。
    午前中に、憲法9条改悪を許さない「3000万署名」を少しだけ集めた後、午後はもう、オフにした。
    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇
    久々に大阪へ。
    天保山まで足を運ぶことに。
    環状線で弁天町駅で地下鉄中央線に乗り換える。
    JRの改札を出て、地下鉄だからと下に降りても地下鉄なんかない!!? 
    あれ? 
    地下鉄なのに駅が高架に!
    そういや、神戸の市営地下鉄だって名谷駅や学園都市駅なんかは地下とちゃうけどね(^^;)
    お目当ては、ゴスペルフェスティバル。
    アマチュアのグループ25組のライブ。
    クリスマスシーズンらしい華やかなライブだったな。
    どの組も声量豊かで、迫力があった。

    写真は、Costie Payne(コスティ・ペイン)さんというプロの歌手。
    普段はとても気さくな方です。
    今夜はスペシャルゲストとして、素晴らしい歌唱力を披露。
    特に山下達郎の「クリスマス・イブ」の英語バージョンは、とてもシブかった!
    フィナーレに全出演者で「Oh Happy Day」。
    この曲を会場みんなで歌う。
    これを歌うことにあこがれてゴスペルに興味を持ったもんで。

    夜の天保山の写真です。
    今日は、久しぶりに愉しんできました。
    It’s awesome!

東舞子後援会で餅つき

    今日は、地元の後援会(日本共産党東舞子後援会)で、毎年恒例の餅つきに参加しました。
    戸田あきらさんも参加しました。

    宣伝カーから降りて、会場へ直行。
    朝からとても寒かったので、温かいおでんがとても美味しかったです(#^.^#) 
    私も杵をもってこどもさんといっしょについてみました。

    去年よりは上手になったかな(*´ω`*)?
    以前、舞子駅の駐輪場で働いていた方にも久しぶりにお会いあすることが出来ました!
    毎年、準備して支えていただいている方々にリスペクトいたします。

民泊

  • 住宅宿泊事業法(民泊新法案)が今年6月に公布されました。
    いわゆる「民泊」を推進する法律です。
    来年6月15日までに施行される予定です。
    日本共産党は、反対しました。
    民泊は、ホテルや旅館、民宿と違い、旅館業法の適用を受けなません。宿泊料を受けて、住宅に人を宿泊させる事業です。
    住居専用地域であっても届け出だけで営業を可能にしています。
    国土交通省は、「民泊を許容するか否かについて、あらかじめマンション管理組合においてよく御議論いただき、その結果を踏まえて、民泊を許容するか否かを管理規約上明確化しておくことが望ましい」旨の通知を出しています。
    私が居住する団地でも、管理規約を改正して、「住宅宿泊事業(民泊)に使用してはならない」と定めました。
    私も、住宅都市局に確認しましたが、もし規約改正をしていなければ、届け出だけで団地内での民泊営業ができることになってしまい、利用者による騒音や安全面でも心配事やトラブルが生じかねません。また、団地の計画修繕といった住民がこれまで話し合ってきた計画にも影響します。
    民泊事業の広がりは住環境や街づくりに影響する問題であり、規制強化が必要です。

  • 小束台~リハビリの病院が計画されています

      小束台に、民間の病院(仮称・順心神戸病院)が開設する予定です。
      2020(平成32)年1月1日ですから、あと2年先に。
      どんな病院かというと、リハビリテーションが主のよう。
      他に脳神経外科、内科、外科、整形外科。もちろん病院ですから、入院病棟もあります。
      回復期の患者さん50床の病床数です。
      「神戸市保健医療審議会医療専門分科会」の資料で知りました。
      垂水北部の開発地域ですから、土地はあります。
      垂水区は病院も医師も看護師と全国平均と比べて少ない地域です。
      急性期(病気になり始めた時期、急激に現れた症状をすぐに治療をし、入院しなければならない患者)の患者さん対応の病院や病床も、本来ならしっかり確保し、増やしていかなければならないと思います。

    Page 12 of 125« First...1011121314203040...Last »