ブログ

幸先の良い一日になりました\(^_^)/

2023年1月1日。

早朝6時の舞子駅は若い人、若い人、若い人…もちろん、親子連れや元気な高齢者も行き先は一つ。

アジュール舞子へ。

初日の出を見に行く人たちです。

加藤健二さんと一緒に「日の出宣伝」をしました。

「日本共産党の加藤健二と赤田かつのりです。今年もよろしくお願いします!」

「頑張ってください!」

目が合った若い人たちから激励が何人も!(・о・)

日の出はとてもキレイで、垂水区らしい(?)宣伝になりました。(#^.^#)

AM.10時から恒例の垂水駅前宣伝。なんと、既に維新に場所を取られていました!

でも、宣伝参加人数では共産党が圧倒しました\(^_^)/

「立憲民主には失望しました。共産党に頑張ってほしいです」

海神社に御詣りに行く人たちが多く、いつもの垂水駅前宣伝とは違う人々の流れ。

リーフレットもよく受け取ってくれました。

幸先が良い一日になったと思います(^^ゞ

早く戦争を終わらせて、暮らしの要求で政治を前に動かす一年にしていきたいです!(^o^)/

2022年を振り返って

今年一年を振り返って見ると…
○高血圧症で上が200に達し、焦ったこと(今は大丈夫です)。危なかった!自身の健康管理。反省(^_^;)
○参議院選挙の比例候補者として兵庫県下て活動したこと。たいへん勉強になり、励みになった!\(^_^)/
○趣味のソロギター。採譜で悪戦苦闘していること。(・о・)
○病気、コロナ感染、孤独死。仲間を立て続けに亡くしたこと。(ノдヽ)
○地元の仲間、加藤健二さんを県会候補に迎えて、来年4月に向けて、ともに活動を開始したこと。(^o^)/
以上の”五大ニュース”(順不同)です。
ブログ。暫く中断しました。しっかり続けます(^_^)

もう会えない。また仲間を…

2022年12月30日。

また一人、仲間を亡くした。

松尾健さんという70歳代の男性。

今朝、携帯に電話をしても繋がらない。

普段なら直ぐに出てくれる人なのに…おかしいな。

数時間後、他にも同じように彼の近況を心配していた方から、連絡が入った。

「亡くなりました」。

原因はわからない。

松尾さんは独り暮らし。

真夏も真冬もエアコンがない日常。

本当はキツかったんじゃなかったかな…。

私とは20年くらい前からのお付き合い。

新人候補の頃から応援してくれた。

何故だろう?

時間やお金の常識をしっかりと持つ几帳面さ。

形式張ったことは望まなかった。

健康面、生活は規則正しく、特に食事に気を遣っていた。

生活が苦しく、スーパーの見切り品で凌いでいたが、食品の栄養価を第一に考えて遣り繰りをされていた。

その点、無頓着な私は勉強になった。

「簡単な買い物からでも、何か困ったことがあったら支援しますよ!」

高齢者、障がい者、道端で見知らぬ人にも躊躇することなく、気軽に声を掛け、知り合いをつくる松尾さん。

活字を食い入るように読み込み、勉強好きだった松尾さん。

自身が感じていることを他人に伝えようとしても伝えきれず、もどかしい気持ちになっていることがよくあった。

個性を潰す半ば全体主義的な空気、自分のことばかりしゃべって、会話のキャッチボールを知らない”大人”を厳しく批判する人だった。

「40年数年前、百科事典を買っていただき有り難うございました!ホルプ元社員の松尾です!」

他人の恩情を決して忘れず、出版社のセールスマン時代に書籍を買ってくれた顧客との縁をいまに至っても大事にしていた。

伺い知れない苦労があってのことか。

彼を嫌う人や敬遠する人もいた。

しかし、私はそんな松尾さんが好きだった。

松尾さんは美術家でもあった。

落ち葉や棒切れ、小枝、石ころ、張り裂けたぼろ布などを素材にしてたかな?

人間社会の裏側、醜さ、落ちぶれ荒んだ様を空間を目一杯利用して大胆に抽象的に画く。

「絵の具や筆、画板、値上がりして、なかなか描けない」。

ご自宅では赤々とした遺品が、愛読書の山の中に埋もれていたのではないだろうか?

写真で若い頃の作品を見せてもらったことがあったけど、一度は直に接してみたかった!

「作品を発表出来る場所が欲しい」

出来れば松尾さんの個展のような企画を実現してあげたかった。

ゆっくりと芋焼酎を水か湯で割って独り、口にするのを毎夜の楽しみしていた。

「赤田さん、僕のような嫌われもんで、わけのわからんこという人間も、時には必要やろ?」

「いや、松尾さんの話は筋が通ってるよ!」

「エエッ!そんなこと言われたのは生まれて初めてや!」。

でも正義感が強く、優しい人だった。

寒い夜に独り旅立って行った。

もう会えない…20年間、有り難う!

いつものように「お帰りなさい宣伝」!!

    今日の午後、2023年統一地方選挙・神戸市会議員選挙の候補者発表でした。

    写真は私を含めて4人の元職と新人(現職は覗いています)。

    夕方、地元に帰って垂水駅前で「お帰りなさい宣伝」を加藤健二さん達と。通りがかりの人と対話。

    「バスの運転士の仕事をこよなく愛しています。しかし、給料が安すぎます!」

    賃金が上がらない国。

    成り手も少なくなって来ています。

バス停までが遠すぎます

「家からバス停までが遠すぎてまして…」。

舞子駅で早朝宣伝中に通りがかりの高齢者から要望を受けました。

舞子台の市営住宅にお住まいの方からでした。

後日、住民の皆さんと懇談。

現地を見て、「なるほどなあ」と感じました。

住民の方達と加藤健二さんと山陽バスへ交渉に行きました。

「要望書まで頂きました。しっかり会社に報告します」。

新たにバス停を設置するには、乗り越えなければならない点も在るようでしたが。

また、区内には同じような要望が少なからずあるはず。

市バスにも要請していきます。

午前、午後と小集会

    加藤健二さん(県政対策委員長)とともに、元気に頑張っています!

    今朝は、新多聞団地で街角演説会。
    「何か困ったことなどありましたら、お気軽に声をかけてください!」

    午後は舞子台の個人宅をお借りして、ちょっとした集いを開きました。

    「年金が減らされる上に、国民健康保険料と介護保険料が天引きされるのが、本当に腹が立ちます」

    「若い人に希望が持てる社会になってほしいです!」
    「今日は、いっぱい話せて良かったわ!」

    和気あいあいとした雰囲気に包まれました!

Page 5 of 150« First...34567102030...Last »