ブログ

2日続けて市政報告

    昨日、今日と2日続けて市政報告会でした。

    昨日は神陵台で。

    「神戸市都市空間向上計画(案)」についての日本共産党議員団の見解、

    参加者からの地域要求

    よく話し合えて、とても良かったです。

    公営バス路線の充実、とても大事だなと認識が深まりました。

    今日は、霞ヶ丘小学校で「神戸市政報告会」。

    「ヤミ専従」問題についての議会報告、

    都市空間向上計画について、

    子育て施策、医療について…

    「垂水は病院が少ない!」

    垂水区の比較的駅に近い地域のみなさんからも、「神戸市はもっと、住民の願いに応えてほしい」。

    「初めて共産党さんの集まりに参加しました。これからもぜひ誘ってください」と感想を語ってくれた方もヽ(^o^)丿

    タウンミーティングって大事ですね(^_-)

チェック・オフ制度と「ヤミ専従」とは何の関係もない!

今日の本会議での私の討論内容です。

議員提出第38号議案・「神戸市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の件」を、「閉会中継続審査」とすることについて、私は日本共産党神戸市会議員団を代表して、反対討論を行います。
同議案は、神戸市職員のうち、神戸市職員労働組合の組合費だけを、給与からの控除(いわゆるチェックオフ)を議員提出議案によって廃止しようとするものです。
議案の提案理由によれば「なれ合いが生じている不健全な労使関係をただし、もって市政に対する市民の信頼を得る」ことを目的としています。
日本共産党神戸市会議員団は、これまでも、不健全な不当・不法な労使関係については、速やかな是正をもとめる立場であることを繰り返し表明してきました。

しかし、不健全な労使関係を調査している「神戸市職員の職員団体等の活動における職務専念義務違反に関する調査委員会」、いわゆる第三者委員会からの中間報告では、ヤミ専従や退職手当の上乗せなどの不当行為が、「神戸市当局と組合幹部の組織ぐるみ」でおこなわれ、それも「神戸市当局主導」おこなわれたことを厳しく指摘し、断罪をしています。
一方、チェック・オフ制度の問題については一言の言及もありません。つまりチェック・オフ制度と不健全ら労使関係、いわゆるヤミ専従等の問題とは何の関係もないことが、第三者委員会の調査からも明らかになったのです。
先の決算特別委員会の議論においても、不健全ら労使関係を市政運営に利用してきた市幹部職員らは「知らなかった」など言い逃れの証言を述べていることが、第三者委員会において「信用性には大きな疑いがある」と指弾されました。
これら幹部職員を重要ポストに任命してきた久元市長も、同じように5年間「気づかなかった」「知らなかった」と言い逃れの答弁を繰り返し、幹部職員についても証拠が不十分などとして処分を先送りしています。
これまでもヤミ専従など不健全な労使関係は「当局の関与無しになし得ない」ことは、誰もが認めていることです。その当局側の責任も、処分をあいまいにしながら、何の関係もないチェック・オフ制度を廃止して、合法な便宜供与を廃止することは、ヤミ専従問題における当局の責任をあいまいにする、きわめて不適切な行為と言わざるをえません。
ひるがえって他都市の状況を見ると、チェック・オフに基づく給与天引きが、多くの自治体で実施されていますが、ヤミ専従問題が神戸市に際立っている点からも、無関係な議論を持ち出していることは明らかです。
だからこそ、神奈川県鎌倉市においては「チェック・オフ廃止」議員提出条例は、議案提案者が答弁された通り、労働組合の法令違反を言及することがあっても、「委員会でも本会議でも否決された」のです。ただ加えるならば、日本共産党のみの反対ではなく、公明党をはじめ議会の良識の多数によって否決されたのであります。
また、茨城県牛久(うしく)市においては、「泉佐野市の大阪地裁判決や、大阪市の不当労働行為再審査事件の命令書交付などを受け」、10年前に廃止したチェック・オフ条例を、自民党、公明党、日本共産党、国民民主党、日本維新の会、新社会党など全会一致で、復活させたのは、まさに今年のことであります。

そもそもチェック・オフ制度は憲法が保障する労働基本権です。これを重要な組合活動の一つとして保証するべきことは、いまや国際的な常識となっていることは、我が会派の質疑で、久元市長もお認めになっていることであります。
神戸市人事委員会の回答においても「チェック・オフは長年に亘り労使慣行として広く定着していると考えられますし、チェック・オフの廃止により、チェック・オフを希望する職員にとっては不利益になる」と指摘されております。
労使いずれもチェック・オフの廃止に合意していないもとで、議会が勝手にチェック・オフ制度の廃止を定めれば、使用者である神戸市と、被使用者である労働組合や職員団体の合意に介入することになります。
議会には条例制定権が付託されておりますが、市職員の団結権を弱体化させる方向での権利の乱用は、地方自治法の要請ではありません。
この議員提出議案にあたっては、先の総務財政委員会で、多くの会派は、ヤミ専従は当局主導で行われたものであったことを指摘し、当局関与の真相解明を求める声が大半を占めました。「チェック・オフとヤミ専従は何の関係もない」という意見も多く出されました。であるなら、「もう少し議論を慎重に」「専門家・当事者の意見を聴いて」と言って継続審査にするのではなく、直ちに廃案にするべきです。
以上、わが議員団からの反対討論とさせていただきます。

西舞子小学校で総合防災訓練

    今朝は、垂水区総合防災訓練に行ってきました。

    場所は西舞子小学校。

    私は来賓としての参加でした。

    名前を呼ばれた時の写真です。

    「ごしきまろ」とツーショット(#^^#)

    給水訓練、炊き出し訓練、車椅子乗車訓練、土のう作り、AED訓練、消火訓練、負傷者搬送訓練…

    たいへん勉強になります。

    環境局にお聞きすると、市内の緊急避難所800か所の簡易トイレが備え付けられているとかで。

    地震、豪雨災害、酷暑、台風と災害が多発しただけに、防災の大切さを強く意識させられます。

代表質疑をしました(^O^)/


    今日の本会議では、日本共産党議員団から大前まさひろ議員(中央区)と代表質疑をしました。

    どんな内容の質問だったか。

    議会が終わってから夕方に、控え室で動画を撮りましたので、ご覧になればお分かりいただけるかと思います。

    これからが決算議会の本番です。

    私は続けて、明後日の決算特別委員会で質疑します。

総務財政委員会で行政視察(北海道庁調査)

  • 3日め・8月29日。
    北海道庁へ。
    市町村議会からでは最近、なかなか受け入れてもらえないと聞いていたので、貴重な機会だと思いまそいた。
    調査のテーマは「北海道交通政策総合指針」。
    「あらゆる関係者が協働して交通に関する施策を一体となって推進し、本道のさらなる発展を支える交通ネットワークを実現するため策定」したとしています。
    「めざす姿」は、「世界をひきつけ、地域の未来を創る交通ネットワークの実現」なんだと。

    北海道は人口減少、地域の疲弊、農林水産業の担い手不足が深刻になってきていると聞いています。JRが赤字の鉄道路線を次々に廃線する動きもあります。
    そこで「総合指針」の具体的な内容を見てみると…
    「鉄道は、道民の暮らしや産業経済を支える重要な公共交通機関」としながら、「広域周遊観光の促進や急増するインバウンドの拡大効果を道内全域に拡げていくという観点からも、重要な役割を担う」と…

    つまり、鉄道網の位置付けがインバウンドへの対応に偏重しているのではないか?

    昨日の記事に外国人観光客が多いことを書きました。

    「中国、台湾、タイ…アジア諸国などからの来道が多い」と聞きました。

    2011年度の57万人が、2016年度にはなんと、230万人に!!

    しかも道は、「2020年度を目処に来道外国人観光客数を500万人を目標」(平成29年2月に設定)にしています!

    10年間で8倍化させる!?

    当局は、「そのくらいは行くでしょう」と。

    鉄道は、航空機や都市間バスとともに「中核都市間を結ぶ本道の骨格となるネットワーク」「中核都市や地域中心都市と周辺市町村などを結ぶネットワーク」だとしています。

    生活圏交通としての鉄道は都市部でしか位置付けないのでしょうか。

    じゃあ、人口が減少している地区の「主なモード」は…乗り合いバス、タクシー、デマンド型交通だと!

    高齢化が進んでいると思います。

    そういう地域は置きざるにするのでしょうか。

    都心への一極集中。

    神戸市が同じ道を選ぶべきではない。

  • 総務財政委員会で行政視察(福島再生可能エネルギー研究所)

      2日め・8月28日は福島再生可能エネルギー研究所(全国各地にある国立研究開発法人 産業技術総合研究所の一つ) を視察してきました。

      郡山市にあります。

      たくさんの太陽光パネルが!

      各企業が研究用に置いています。

      どこも大企業。

      いまや、再生可能エネルギーは世界的な「成長産業」分野。

      大企業は社会的に大きな存在なので、力を入れると進化は速いと思います。

      原発に頼る必要など全くない!

      また、この研究所は再生可能エネルギーを活かして水素を生産することに力を入れているようです。

      アンモニアから水素を取り出す実験研究もしています。

      水素を取り出すのは、いろんな方法が可能なのですね。

      わざわざオーストラリアから褐炭を掘り出して、輸入してくる必要などないことが分かります。

    Page 1 of 3212345102030...Last »