子育て支援策を国政と神戸市政・兵庫県政の両面から

今朝、舞子駅で早朝宣伝をしました。
選挙で勝利したあとの結果報告です。
先日の国会議員団総会で志位委員長が①論戦力②提案力③国民協同の力を強めていくことを強調しましたが、地方政治にたずさわるものとしても、今回の大躍進にあたって、一層の責任の重さを感じさせられます。
選挙の争点とまではいきませんでしたが、子育て支援策で、わが党はこどもの医療費助成の拡充をを自治体に働きかけてきました。
国の制度としておこなうことを日本共産党の政策に掲げています。
国会議員が大幅に増えました。
しかも、子育て世代の若い議員が増えました。
国政と地方政治の両面から要求実現に取り組んでいくことができます!
(写真は、昨日東舞子後援会主催のもちつきでふじたに香恵子さんと)

日本共産党は総選挙で大勝利!

総選挙で日本共産党は、大勝利を納めることができました。
比例の得票数は約606万票で、目標とする650万票まであともう一息というところまでたどり着きました(^-^)
昨年の参議院選挙に引き続いて衆議院でも議案提案権を獲得!
国会での発言力が増すことまちがいなしです(^-^)/
兵庫から久々に国会議員を送り出すことになりました。
堀内照文衆議院議員の誕生です。
気がつけば、今年もあと少し。
夜は、議員団で沖縄料理の店に食事をしにいきました。
今回の選挙では、米軍新基地建設問題で、わが党は「建設反対」の一点での共同した戦いに臨み、見事に完全勝利して、沖縄1区では日本共産党の赤嶺政賢さんが勝利!
感慨深い一夜となりました(´∇`)

今回の選挙

今日で選挙は一通り終了し、いよいよあすは投票日。
窓の開いた宣伝カーの中は、突き刺すような冷気に呑み込まれてしまうようで、時おり気分が悪くなるほど。
まさに冬の戦いでした。
マスコミの世論調査では、近年にない好予想になっていますが、最後の最後までの頑張りがあるかないかで、明暗というものは分かれるもの。
ただ、今回良かったことは、共産党への期待の広がりが非常に大きくなっていることでした。
また、私の妻など、身内がよく頑張ってくれたことで、その実感を強く感じることができました。
とても心強かったです。

秘密保護法が施行されるなかでの選挙

昨日から秘密保護法が施行されることになりました。

行政機関が保有する情報を、行政機関の長が広く秘密指定し、情報を漏らした公務員や民間人に対し、最高10年の懲役を課す、希代の悪法です。

昨年末に圧倒的国民の批判を無視して、安倍政権が強行しました。

この動きは、憲法9条を壊して集団的自衛権行使容認をねらう「海外へ戦争する国」づくりと一体です。

いま学生、知識人、マスコミ関係者を始め、廃止を求める抗議運動が広がりを増してきていますが、政権政党と国民との矛盾がここまで鮮明になり、一点共闘の輪が広がる中での戦われる選挙戦は、私にとっては初めてのできごとでもあります。

日本共産党は、解散前に秘密保護法廃止法案を提出して戦いました。この局面で一番語らなければならないことなのかも知れません。

新しいベンチの設置を

「バス停からベンチが消えた」━最近、「違法」のベンチが次々に撤去され、ご高齢の人たちからは、「バスの到着まで待つことがとてもしんどいです」と言われることがあります。

とりわけ今年は8月の台風で区内の約30箇所のバス停からベンチが撤去されていました。

「明舞北センター」の北行き・南行きもその一つです。

先日、交通局に新しいベンチの設置を要望しました。

「明石市側との協議もありますが、遅くとも年度内には設置できるようにしたい」との回答を得ました。

三ノ宮そごう前での志位演説会

今日は三ノ宮そごう前で街頭演説会でした。

「わあ、志位さんが来てる。すごい集まり!」と歩道を横切る若い人から漏れた感想が聞こえて来ました。

寒さを吹き飛ばすかのような熱気溢れる演説会だったと思います。

堀内照文比例代表候補、ふじたに香恵子候補など兵庫県すべての小選挙区候補が勢揃いしました。

志位和夫委員長は、「消費税増税は最悪の景気破壊です」

「憲法9条を守ろう!」

「沖縄県知事選挙結果にも関わらず、新基地建設を強行する安倍内閣。これは決して沖縄だけの問題ではありません。民主主義を踏みにじる暴挙です」

「他党は、『自ら身を切る』というならば、政党助成金こそ、廃止すべきではないでじょうか」などとの訴えに、ひときわ大きな拍手が鳴り響いたような気がしました。

終了後に陣取りをしたのは公明党でした。

代表が来ての演説会だったようですが、わが党の演説会に比べて、集まりがかなり少なかったようでした。

あと、残り1週間。

悲願である兵庫県から国会議員を送り出せるか、衆議院の議席を大幅に増やせるのか、最後までの頑張りに掛かってきます。