こども子育て~会派で東京へ

会派の視察で東京都に。
森本・大かわら・大前議員、事務局員の方と5人での一泊二日間。

26日は世田谷区役所にて。
①中学校給食
世田谷区は一部を除いて中学校の給食をセンター方式から自校方式を採用。
老朽公舎の改築に併せて実施方式を転換しています。
全校に栄養士を配置し、こどもの様子に鑑み、キメ細やかな献立を作れます。
もはや、東京23区では自校調理方式が当たり前になっています。
◇          ◇          ◇
②待機児解消策
同区は全国で待機児童数が最も多いとされています。
しかし、「保育園に入園できなかったために育児休業をしたケース」も待機児童数にカウントしており、そこが神戸市ほか他都市と違うところです。
小規模保育園の整備も進めていますが、主眼は認可あるいは認証保育園の整備が中心。連携施設をしっかりと確保することを先行させているようです。
ただ本当に保育の質を下げないために必要なことは、公立を含む保育所整備ではないでしょうか。
◇          ◇          ◇
③27日は豊島区に。こどもの貧困問題は切実で、対策が本当に必要です。
NPO法人「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」が、こどもたちへの学習支援や遊び場、交流できる場を提供する精力的な活動をしています。
保育園に入れないこども、不登校のこども、塾にいけないこども、家庭の愛情が特に必要になっているこども…公園や区民広場、お寺などを活用し、プレーパーク、「夜の児童館」や「子ども食堂」を運営。地域の人たちや大学生などの力が支えになっているようです。
こどもたちの居場所として、また保護者同士など地域のふれあいの場として機能し、たいへん喜ばれているとお聞きしました。

※(写真)池袋本町公園では、プレーパークとしてたくさんのこどもたちが支援員の方々が見守るなかで、楽しく遊んでいます。

垂水でも舞子でも


…    …    …
垂水でも連日、戦争法案廃案を要求する運動がおこなわれています。

毎日、毎日猛暑が続いていますが、進んでハンドマイクを握って訴える方、自家製の横幕をこしらえて宣伝に参加する方も。

「参議院での審議で、法案の危険な本質がますます鮮明になってきました。北海道から沖縄まで全国で運動が広がってきています。みなさん、一人でも多くの人にこの法案のねらいを語り拡げてください。さらにもう二回りも三回りも運動を大きくして安倍政権を包囲し、廃案に追い込んでいきましょう!」

熱中症

今夏の暑さはあまりにも異常!
あちこちで熱中症による救急搬送が生じているようだ。
普段はクーラーをつけない人、またクーラーそのものが嫌いな人でも、この暑さの中で、リモコンスイッチをONにせざるを得ない状況に追い込まれる。
一昨年の夏だったか、垂水区内の文化住宅で2人の方が熱中症死する衝撃的な事件がニュース報道された。
ともに50歳代で、近所づきあいがほとんどなく、生活にかなり困窮されていた家庭のようだった。
まだ「やばい」と感じて、自分で119に電話するか、近所や友人などの助けを借りれる人は助かることができる。
しかし、そんなつながりのない家庭は…。
これは深刻な社会問題の一つだ。
地域レベルでの見守り・助け合いの努力はある。
しかしそれでも乗り越えられない壁がある。
議員としても、また市民レベルでも行政に提案型で知恵、アイデアを出していかないといけないと思う。
それにしても、生活保護世帯でクーラーを購入できないならば、がまんしろというのか!?
人間らしく生きる権利と水準に照らせば、これ以上の切り捨てが許されるはずがない!!!

なんでも力になってくれる


    垂水区役所1階のロビーで「平和のための戦争展」が開催されています。広島・長崎の原爆写真はもちろん、「戦争法案」を考える展示内容です。
    ◇     ◇    ◇     ◇
    今夜、垂水区日本共産党生活相談所の相談所スタッフの慰労会をしました。
    当事務所は1990年代から続いています。
    毛利りん元県会議員から、開設当初の貴重な資料を見せていただきました。
    「グラフこんにちは」(1997年4月号。今は発行されていません)です。

    毛利りん県議・森原健一市議・本岡節子市議(当時)による「3人トリオ」の事務所として運営されていた頃の記事です。

    「なんでも力になってくれる」。
    何しろ立地条件が良い。
    ずっと、スタッフの同志の方々が献身的に生活相談活動と事務所運営を来られました。
    弁護士による無料法律相談も好評です。
    垂水区の共産党の窓口として当時から期待と注目を集めてきました。

四万十、桂浜、日曜市、自由民権…高知での3日間


    日曜市。
    とても生活感に満ち満ちていました。ここで、共産党の街頭宣伝が行われているんだ…

    …   …   …
    のどかな単線、高知の路面電車・とさでん。

    ん?「ごめん」???。
    なにもあやまっているわけではありません!
    南国市後免町にある駅名です。日本珍百景の一つだとか!

    有名なはりまや橋は、高知市街の中心地にあります。
    まあ今回は地理・歴史の勉強になったかな?

幸徳秋水の墓が四万十市に

8月15日、四万十川を訪れました。
とても美しい河川でした。

猛暑でしたので、屋形船で川下りをすると良かったかもしれませんが、「1人2000円」と聞いてあきらめましたが…。
四万十市は市街地から山道まで日本共産党のポスターがとてもよく目立ちます。静かな町ですが、自民党と共産党の争いに公明党が加わっているって感じかな。
場所によっては(特に山の奥では)共産党が「ポスター第一党」!
「ストップ 戦争法案 日本共産党」のポスターがあちこち目立ち、嬉しく励まされました\(^^)/

そして運転中、偶然ですけど、「史跡めぐり 幸徳秋水の墓」にめぐり会いました。

時間がなかったので観ることはできませんでしたが、市内には幸徳秋水の生家、絶筆の石碑、資料室があります。
幸徳秋水は、自由と平和を訴え続けた明治の青年政治家です。
中江兆民に出会い、自由民権運動から強い影響を受けて自由と平和のための政治変革を試行錯誤する半生は、ときの天皇制政府による弾圧によって、41才の若さで生涯を閉ざされてしまいました。

戦争する国作りは一夜にしてなるものではなく、国民から自由と民主主義を奪い去りながら、国民を引きずり込んでいきます。
2000年12月に当時の中村市議会は名誉を回復させ、全会一致で「幸徳秋水を顕彰する決議」を採択しました。