雑感(ある英語での放送)

    YouTubeで「韓国語会話」を検索してみました。
    講師の先生が英語で解説する初級レッスンがあって、時々視るのですが、これが結構面白い!
    英語と韓国語、両方の勉強になるんで。
    しかし、あれっ、と思うことがありました。
    世界の主な国々の名前を韓国語でどういうのかをやっていました。
    アメリカは、「미국(ミグク」。中国は「중국(チュングク)」。イギリスは、「영국(ヨングク)」。ドイツは、「 독일(トクイル) 」。インドは、「인도(イント) 」。ロシアは、「러시아(ロシア)」。イタリアは、「 이탈리아(イタルリア)」。フランスは、「 프랑스(プランス)」…(※読み方は、私が記したもので不正確です)。
    十数か国を例示していましたが、なぜか日本(일본・イルボン)がないのです!
    おそらくアメリカや英語圏に住む人を対象にしたネット放送なのでしょうが…。
    いまや、日本人にとっては良し悪しはともかく政治、経済、文化、食生活等々、関わりが極めて密接で大きな存在。
    でも、向こうの国から見れば、日本は世界の中の一つの国でしかないのだろうなと思わされます。

介護保険料について

    「介護保険料が上がって困っています」。
    第1号被保険者の方から相談が寄せられました。
    今回の保険料改定で保険料年額の基準額は、前期(平成24~26年度)に比べて62406円から68748円へと上がりました。
    Aさんは、事業の失敗で負債の返済に苦心してきましたが、昨年に夫と死別。
    しかも重度の障害を持つ残された家族の介護もしなければならないのに、公営住宅の家賃が上がり、途方に暮れた毎日を過ごしています。
    保険料のために医療費や介護サービスの利用料を抑えなければならないところまで、追い詰められています。まさに、保険あって介護なしです。
    介護サービスの利用者は増えるのは当然です。しかし、「相互扶助」を制度の基本にしてしまうと、結局、辛い立場に追い込まれるのは、社会的に弱い立場に置かれている人たちではないでしょうか。

「戦争法案」反対!東遊園地で大集会


  • 違憲の「戦争法案」に反対し、三ノ宮・東遊園地で、兵庫県弁護士会が主催する集会とパレードには約9000人が集まりました。
    「私は日本国憲法がとても好きです!!」。
    若い弁護士の方々が、憲法の値打ち、戦争法案や特定秘密保護法の危険性を訴えました。
    会場は兵庫県下の各種団体や、個人、「9条の会」などからの参加者でびっしり。

    日本共産党神戸市議団も勢ぞろい。

    昨日、垂水駅前で宣伝しましたが、未来を担うこどもや若い人たちを絶対に戦争の犠牲者にはさせたくないとの思いが、どこで宣伝をしていても伝わってきます。

    炎天下でしたが、高齢の方も元気に参加し、とても活気ある集会でした。

  • 支持者の方から


      「当選おめでとうございます」。
      既に6月議会がスタート。
      いっせい地方選挙から2か月がたちましたが、今日、支持者の方から、お祝いの式紙をいただきました。
      厳しく激しい戦いを経ての再選であることを思い出させてくれます。大切にします。

    中学校の給食を試食

    神戸市でも中学校給食が本格実施されました。
    今日、試食してみました。
    本日の献立は、豚肉ともやしのオイスター炒め、厚揚げとキャベツのピリ辛煮、きゅうりとしらすの酢の物、のりかつおふりかけとパックの牛乳でした。

    写真を見て、どうお感じになられましたか?恐らく、男子生徒だったら、1~2分でぺろりと平らげてしまうのではないかと、私は食べながら感じました。
    いったん、冷凍されて運ばれるので、温かくはありませんでした。
    日頃、弁当を用意できない家庭には歓迎されているとも聞きますが。学校教育に豊かな食育を推進するという観点から、給食の在り方を考えなければならないと思います。

    12万キロ走ったバイクに「お疲れ様でした」

  • 初めて選挙に出馬して以来、ずっと使い続けてきた愛用のスクータを買い替えることにしました。
    「こんなに走ったバイク、初めて見たわ!」。
    ベテランのバイク屋さんに驚かれましたが、走行距離はトータルで約12万キロ。
    スピードメータがびくともしなくなり、さすがに寿命が来たと悟りました。
    100CCのスクータでした(記念写真を撮っておけばよかったなぁ)
    そんな排気量のものは、現在では製造されていないようです。
    坂道と入り組んだ道ばかりの垂水区内では、私のような仕事では、必需品。
    生活相談、街頭演説の場所取り、新聞配達や集金活動、議会準備のための調査や訪問、もちろん私用でも使ってきました。
    「お疲れ様でした」と言いたいところです。