保育合研に参加しました。


    全国保育団体合同研究集会があり、明治大学和泉キャンパスでのシンポジウムと最終日の全体会に参加しました。
    アニメーション映画監督の高畑勲さんが、「映画をつくりながら考えたことと」と題して記念講演。こどものこと、平和のことを考える貴重なお話でした。
    保育士、保護者、保育運動に携わっておられる方、学者・研究者、地方議員…全国から約10800人が参加しました。保育について真剣に考える人たちが全国から集まってきています。
    ◻ ◻ ◻
    こども・子育て支援新制度実施後、全国各地域で問題が露出してきています。
    都市部を中心に待機児童が増え続け、保育所の不足を理由にしたいっそうの規制緩和によって、こどもにふさわしくない環境での保育が拡がっています。
    また待機児童が基本的にはいないようですが、過疎地域では、保育所の統廃合や、有資格の保育士が決定的に足りない、深刻な問題を抱えています。
    埼玉県所沢市で起こった「育休退園ルール」による0~2才のこどもたちの認可保育所からの追い出し、仮差し止め・差し止め訴訟のたたかいは衝撃的であり、決して遠い他都市の出来事には思えない面もあります。
    この社会に生を受けたこどもたちを健康で幸せに育てるのが保育の仕事。
    しかし、保育所が全く足りないため、子育てのために仕事をやめざるを得ない事例もたくさんある。
    新制度の問題について、こどもと保護者の視点に立って考えを深める良い機会になったと思います。

    ◇ ◇ ◇
    公的保育の拡充が強く求められています。
    「いまほど保育所や幼稚園が地域の希望となり安心の子育ての砦となること、そこで働く保育者たちが乳幼児期の子どもたちの保育の専門家として力を発揮することが求められているときはありません」。(第47回合研集会 集会宣言より)とても勉強になりました。

団地内の敷地に手すり~南多聞台

  • 垂水は坂の町です。
    平らな地域といえば、垂水駅近辺や西舞子、それ以外は…北部の新興住宅街くらいでしょうか。
    ◇     ◇     ◇
    明舞団地は高齢化が進んでいる団地の一つ。

    昨年、南多聞台UR団地内歩道の改善を求める意見が地域の方々から出されたのを受け、ふじたに香恵子さん、団地自治会、日本共産党明舞支部のみなさんとUR都市機構に何度も要望を重ね、この春、写真のような手すりを設置することができました。
                    
    写真ではわかりにくいですが、高齢の方、障がいをお持ちの方などにとっては勾配がこたえるようで、大変よろこんでいただきました。
    今日のような猛暑日、改めて見学に行ってみて、設置できて良かったなと改めて思いました。

  • 憲法音頭を踊ろうよ(^^♪


      おとといの昼、垂水年金者組合の方々によばれて、そうめんをごちそうになりました。
      食べて歓談することと併せて、いっしょに歌ったり、おどったり…楽しい会食でした♪(^^♪
      「おどりおどろかチョンホイナ…誰に遠慮がいるものか ソレ …うれしいじゃないか ないかチョンホイナ」。
      ~テーブルの周りを手拍子揃えてちょちょんがちょん!
      1946年頃に作られた「憲法音頭」(作詞 サトウハチロー 作曲中山晋平)で輪踊り♪♪♪
      作られた当時は政府が日本国憲法を国民に普及する目的だったようですが、まもなく立ち消えに。
      しばらくの間、幻の曲になっていましたが、なかなかイケる曲です!

      「光り輝く新日本 ソレ チョンホイナ チョンホイナ うれしいじゃないか ないか チョンホイナ」。

      調べてみると、「しんぶん赤旗」では、2005年3月28日付け、同年4月30日付けで紹介されていました。紹介・普及活動をしている9条の会があるようです。

      親しみやすいので、地元でもいろんな機会にご一緒に踊れたらいいのにな(#^^#)

    参議院で審議スタート。街頭より訴える。


  • 猛暑で蒸し暑い一日でしたが、今日は舞子駅で早朝宣伝をし、その後お昼まで宣伝カーで街頭演説をしました。
    今日から参議院で戦争法案の審議が始まります。
    徹底した審議が大前提であり、絶対に強行採決は許せません。
    参議院も与党が過半数を占めていますが、強行採決させない状況をつくり、廃案に追い込んでいかなければなりません。
    今日ほど、運動が燃え広がったケースは全く初めて。
    「民主主義守れ。独裁政治を許すな。安倍政権打倒!」の訴えに共感が広がっていることを実感。
    (※写真は多聞台団地の公園にて)

  • 垂水年金者組合が総会


    「どうなる?どうする公的年金 私たちは裁判に訴えます 年金削減は憲法違反!」

    全日本年金者組合垂水支部第25回定期総会に来賓として招かれました。
    年金の問題は単に高齢者だけではなく、若い世代にとっても切実な問題です。

    兵庫県本部の関根敏克さんが記念講演を行い、戦いの展望を語りました。
    総会は参議院に審議の場が移された戦争法案を廃案にする戦いでも頑張る空気に包まれました。

    平和美術展

    「平和の壁に、花一輪を」。
    兵庫県平和美術展(第48回。於;兵庫県民会館。主催;兵庫県平和美術協会。神戸市・神戸市教育委員会後援)に行ってきました。

    水彩画、油絵、鉛筆画、パッチワーク、書道…多種多彩な作品はどれも力強さを感じます。
    垂水区で、晩年、明舞9条の会の活動に力を入れられた飯原弘喜さんの書も展示されています。

    日頃、活動でご一緒させていただいている方々の作品にも触れ、感激しました。
    3枚めの写真は、奥さんに先立たれ、独り暮らしの生活のなかで、自身が調理した料理の数々。

    ※     ※     ※     ※     ※     
    ユニークな作品も展示されていました。27日(月)まで開催。入場は無料です。