岐阜・富山を視察

会派の視察一日め。

23日は岐阜市役所へ。

同市は自動車を中心とした交通から公共交通や徒歩、自転車の役割を重視し、歩いて出かけられる町をめざす、総合交通政策をつくっています。

コミュニティバスを地域の方々が運営し、市内で安定的に営まれており、全国からも注目されています(写真はJR岐阜駅前周辺を運行するコミュニティバスです。左・金沢はるみ、中・大かわら鈴子議員と)。

コミュニティバスは、需要は高くても、採算面や実際の運営ノウハウなど先行きのことを考えると、地域住民にとってなかなか手掛けにくいのが、実際のところです。

同市では交通政策課の職員が地域に足を運び、地域が踏み切れるところまで時間をかけて支援に入っています。

そこが神戸市にも求められているところだと思いました。

コミュニティバスを走らせるのに有利なのは市街地。

高齢化が特に深刻な地域、交通不便地となると、どうも事情が違うようです。

共産党岐阜市議員団の方のお話によると、不利な地域への手当てこそ行政に求められているところだと言われていました。

2日目は富山市役所へ。

JR富山駅は来年の新幹線開通を控え、それに照準を合わせた工事を急ピッチで進めていました。

同市は自動車依存度が高い町でしたが、高齢化が急速に進み、運転をやめる人も増えてきています。

市街中心部の人口が減ってきているようで、町の活気付かせ、利便性を向上させるためには、公共交通機関で移動しやすい街にしていく必要があり、LRT(Light Rail Transit)と呼ばれる新型の路面電車を走らせています。

バス並みの運賃で市内を円滑に移動できる交通手段として市民の間で好評のようです。

人口減少、急速な高齢化。

導入すべき同市の事情があったのでしょう。

明石公園でお花見

今日は、明石公園で垂水区日本共産党後援会が花見を主催しました。

桜が満開でとてもきれい!

池の周りはとてものどかで。

しかし、雨が降ったりやんだりで、傘を差しながら弁当を食べ、肌寒さをちょっと我慢しながらアコーデオン演奏で、みんなで歌を歌ったり…

 

それでも、初めて参加した人、久しぶりにお会いできた人にも出会えて、とても良かったと思います。

午前11時開始でしたが、早朝7時から事務局の方々が場所取りをしておられました。

本当にお疲れさまでしたm(__)m

ようやく春めいてきました

3月の予算市会が終了しました。

ようやく春めいてきました。

出来るだけ地域に足を運んでいるところです。

市民のみなさんからの率直なご意見をよく聴き、これからも一生懸命がんばります。

私と垂水③

「垂水は坂ばっかりやなあ」。

平地は垂水駅の北側一帯か、西舞子くらいかもしれないくらい、どこへ行っても坂道ばかり。

区外の方からよく指摘されます。

「赤田君、歩くの速いねえ」とも、時々言われますが、それはべつに足が長いから(?)でも忙しいからでもなく、高校・大学の頃、通学で塩屋駅や滝の茶屋駅から自宅までの上り下りによって鍛えられたせいなのかも知れません。

特に塩屋大谷の長い坂道はジョギングに最適。

須磨浦公園駅とジェームス山の自宅までの間を1時間程度で往復すると、夏でも冬でもいい汗をかくことができます。

昔は、垂水は空気がきれいなところでしたが、宅地や商業施設、交通量などが増加するに従い、だんだんとそうではなくなって来ました。

新婦人垂水支部の大会

今日は、新婦人垂水支部が支部大会でした。

残念ながら、別件で出席ませんでした。

50年の歴史を持つ婦人運動の一翼を担って、垂水区でも元気に取り組んでいます。

今後もわが町垂水を住みよくしていくため、また「平和を原点」とする活動を発展させるために連帯していく団体です。

以下は、私からのメッセージです。

                     ◇   ◇   ◇

第44回新婦人垂水支部大会の成功を心よりお悦び申し上げます。

家庭を守りながら、忙しさや様々な苦労を乗り越え、力強く奮闘して今日までの到達を築いて来られたことに敬意を表します。

安倍内閣の暴走政治が国民におびただしい被害を与えているときに、要求を一致点に、ともに連帯して戦うことが今日ほど重要になってきているときはありません。

わが日本共産党にとって、新婦人のみなさんは、ともに戦う心強い仲間です。

地元では、乳幼児医療費助成制度の拡充、自校調理方式による中学校給食の実現、保育所増設と待機児解消などの要求を市会へ届けたり、核兵器廃絶や原発ストップなどの運動で精力的にがんばっておられる姿を拝見してきました。

また各地域での小組活動や「ひまわり」でのバザーで、幅広い婦人各層とのつながりを作り、運動の裾野を広げてこられました。

そういったみなさんの日常活動が区民に少なからぬ影響を与えているのであり、垂水のかけがえのない宝だと思います。

創立以来51年間掲げ続けて来られた「5つの目的」が力強く生命力を発揮しているのではないでしょうか。

それだけに今日の支部大会での討論が実りあるものになると確信しています。

福祉・くらし・子育ての願いは国政・県政・市政、いずれにおいても共通の重要課題です。

これからも垂水区でともに奮闘し、住民のみなさんの願いを実現するためにがんばりましょう。今後ともよろしくお願いします。

日本共産党神戸市会議員 赤田かつのり

3・13 重税反対全国統一行動

今日は、雨天の中をレバンテホールに集結し、集会とパレードがおこなわれました。

「重税反対全国統一行動」。

議会中で出席できなかったので、実行委員会にメッセージをお届けしました。

以下が、その内容です。

(メッセージ)

3・13重税反対全国統一行動垂水区集会にお集まりのみなさんに対し、激励と連帯の気持ちを込めてメッセージをお送りします。

4月からの消費税増税は、私たち庶民にとっては強烈な生活破壊攻撃です。

大企業などが貯めこんだ内部留保は約272兆円。

単純計算をすると、国の一般会計総額約93兆円の約3倍にも達することになります。

大企業や大資産家などが大もうけをするしくみを長年にわたって作り続けてきた一方で、私たちには増税と低賃金、福祉切捨て。

こうした逆立ちした政治を一日も早く変えていかなければなりません。

私はいま市議会で奮闘中です。

神戸市は消費税増税の影響から市民の暮らしと営業を可能な限り守る役割を果たしていかなければなりません。

私は久元市政に対し、先日の予算特別委員会で、苦境に立つ商店街や小売市場への振興策についてただしました。

神戸市は「対策は検討していく。求めがあれば、現場に足を運びます」と回答しています。

神戸市にも意見や要望を上げていきましょう。

「消費税率が8%になれば、うちも値上げをせざるを得ませんが、お客さんが減ってしまうのではないかと、とても不安です」

「年金が減らされているのに、この先どうやって生活していけばいいの!」

「増税分は軍事費に消えて福祉に回らないのには本当に腹が立つ!」。

仲間のみなさん。

“重税反対!!”の声を垂水区から安倍政権へ届けていきましょう。

2014年3月13日 日本共産党神戸市会議員 赤田かつのり