ブログ

地元のバス(57系統)が増便されます②

神戸市バス57系統のダイヤ改正が今月から実施されることになりました。

市内全体では、減便や民間バス会社への路線移譲など、良くない話の方が多いです。

57系統についても、前に交通局に問い合わせたところ、営業収益が約2758万に対して営業費用は約4739万円で収支差が1980万円のマイナス、営業係数は172であると(平成22年度)。

じゃあ、赤字だったら増便するべきでないのでしょうか?

57系統は2007(平成19)年4月から、地域密着バス路線として運行を開始しましたが、朝・夕の時間帯の混雑は切実で、私のところにも要望が寄せられていました。

今年2月時点での日本共産党市会議員団からの要望への回答には、「…日々の運行状況の把握なども踏まえ、お客様のご利用状況等を注視しながら、適切なダイヤ編成等に努めていきたい」となっていました。

それが、4月からのダイヤ改正に伴って朝・昼・夜に各1本ずつ増便されることになったのです。

採算だけで判断するのではなく、実態を踏まえて住民に利用されやすいものすることが大切!

住民からの強い要望が実った貴重な経験だったと思います(^^)

社会的に少数に置かれている人たちに光を~性的マイノリティの方からの生活相談

前にもブログに投稿しましたが、私は昨年、GID(性同一性障害)と向き合って生活しているPさんと、生活相談所活動を通じて知り合いになりました。

彼女はいま会社に就職し、保険料をきちんと納めています。

にもかかわらず、彼女は医者に行きたくてもいけないのです。

最近体調を崩し、身体の半分にしびれが生じて、このまま放置しておくと、歩けなくなったり、言語に呂律がまわらなくなる恐れが…。

だったら、保険証を持って医者に行けばいいじゃないかって、素人考えならそういうことになるでしょう。

けど、「自分の保険証に『男』と印字されているのを見るだけでもつらいんです」─。

Pさんには未成年の子どもがおり、現在の法律(性同一性障害特例法)では、性別変更はできません。

よって、保険証に「女」とは書けないのです。

神戸市の国民健康保険証の場合は紙製なので、表面の性別記載を空欄にしておくくらいのことはできます(ただし、「裏面参照」と表記し、裏面の備考欄に「戸籍上の性別は…」と記載されています)。

しかし、協会けんぽの保険証はプラスティック製。

表面の標記を空白にできませんかと、Pさんが健康保険協会兵庫支部に電話で問い合わせたところ、「うちはプラスティック製なので技術的に無理です」と素っ気ない返事しか返ってきませんでした。

このままだと、病気が進行する。国保に切り替えるなら、今の仕事を退職しなければならない!そんなときに私のところへ再び相談が寄せられたのでした。

私は早速、協会に電話をして3月26日の夕方、Pさんといっしょに事務所へ。

2人の担当者(業務改革推進グループ)が応対しました。

 「性別の記載を「女」に変えてくれと言ってるのではありません。

彼女は保険証を使えないのです。なぜ“男”扱いしかできないのですか?」

 「シールを貼って割り印を押すことが考えられますが、偽造を防ぐ技術は今のところありません。お気持ちはわかりますが…」

 「保険料を払っているのに保険証が使えないのですよ!なんのための医療保険制度ですか?」

 「本部に問い合わせたところ、全国でも問い合わせがあると聞いています。印字処理に ついては技術的に可能かどうか、本部が印刷会社と協議しています」

 「この保険証、見るのも辛いので、この場でお返しします」と、Pさん。

 「いや、それはお預かりできません。本部長も重く受け止め、前向きに検討すると。どこまでお客様のご希望に添えるかどうかまでは言えませんが…本部には早急に対策をとってくれとは申し伝えます」

 「技術的に不可能だと判れば、紙の保険証にできませんか?」

 「そういうことも考えられますが…」─。

保険証の技術的な制約に縛られて医者にも行けない。

それなら、なんのための国民皆保険制度なのか…。

身体のしびれを我慢しながらの出勤。

相談活動は、いま始まったばかりです。

そして、GID特例法を改正して性別変更の用件を緩和するべきです。

地元のバス(57系統)が増便されます

市バス57系統(垂水東口~青山台を循環する路線)は、区役所や病院、商店への買い物等々を目的に、高齢者や女性、障がいをもつ人などの利用が目立ちますが、午前8時から10時までの時間帯はいつも混んでいます。

神戸市交通局は、昨年の10月27日に実態調査をしましたが、「40人乗りの中型バスを走らせている57系統は、東垂水公民館前~乙木一丁目の区間がピーク(42人)。いつもいっぱいというわけではない。積み残しが出るような状況ではない」としていました。

しかし、王居殿市営住宅沿いの道路から東垂水公民館前を右折し、さらに福田コープ辺りまでを下りる坂道は曲がりくねっており、つり革や手すりにつかまる乗客にとっては足の負担になりはしないか…。

私は試乗してみて、そう感じました。

2011(平成23)年度の一日あたりの利用人数は468人(2010年度は448人)。

運行ダイヤは乗降客の目線に立って組むべきもの。

昨年の日本共産党東垂水後援会の集まりや地域の婦人会などからも強い要望が出ていました。

57系統の増便を今年2月に日本共産党として予算要望書に盛り込んで市長に提出しました。

先日審議された、2013(平成25)年度・交通局の予算案─。

57系統については「朝・昼・夕方の時間帯に1本ずつ増便する」とのことです。

時刻表はまだできていないようですが、実施は4月1日からです。

要望というものは繰り返しあげていくべきものだなと思いました。

塩屋の海苔加工業

塩屋港は第1種漁港で、地元の沿岸漁業の根拠地です。

海苔の養殖・加工業が盛んに営まれ、市内で最も高いシェアを占めています。

現在、12の加工場がありますが、かつては15あったとか。

私は2度塩屋港と加工場を訪れましたが、実態は厳しいなと感じました。

専用船の機能向上、製造機のオートメ化によるローンの返済をかかえています。

最近では海苔船の燃油の高騰、高い水道料金に加え、垂水下水処理場からの高度処理水の排出が、近海の“貧栄養化”をもたらして海苔が黄色く色落ちし、1枚当たりの単価が10円台を割る(現在、8~9円)とも聞いています。

そこで、私は2月28日の予算特別委員会(産業振興局審査)でこれらの問題を取り上げました。

これまでの施策は漁港施設整備や防波堤の整備といったハード面中心にとどまっていたのではないか。

海苔の色落ち防止対策の研究、水道料金(明石市と比べても高く、口径40mmの基本料金は明石市・8547円に対し、神戸市・9450円)の減免制度をつくること、国への支援を要請することなど求めました。

答弁は、「(漁業支援)漁業環境改善の取り組みも進めている。栽培漁業センターでヒラメの稚魚も放流し、漁獲高は顕著に上がっている。他の産業も水は使う。海苔業だけで支援と言うのは困難」─。

かみ合った議論とは言いがたい答弁でした。

しかし、これからも引き続き要求していきたい。

開発の土砂で池の水が濁った~寒風池

最近、垂水区では北部の開発が進んでいます。

UR都市機構が旧ゴルフ場跡地に宅地造成した「ガーデンシティ舞多聞てらいけプロジェクト」の広告宣伝が垂水駅構内の看板などで目立つようになりました。

この春でほぼ完成です。

実は、舞多聞地区の南側に寒風池(かんぷういけ)という大きな池があります。

ここがいま、URの工事によって土砂が南下し、池の水面が泥水で覆われて茶色く濁った状態になっています。

先日私のところへ心配のあまり、地域の方から相談と要望が寄せられました。

私はさっそく、UR神戸西事務所や神戸市都市計画総局等の担当者と連絡をとりました。

泥水防止を要求しています。

このままでは、工事が終了しても泥水の寒風池への流入は完全にはなくなりません。

神陵台8・9丁目をはじめ、住民のみなさんがオシドリや水鳥が生息する貴重な地域資源として親しんできた財産区の池です。

舞多聞の事業費(学園南地区土地区画整理事業・総事業費212億円)には国・神戸市からの補助金が含まれています。

神戸市の2015年度予算案(都市計画総局)によると約4億5000万円。

税金で支援する神戸市がURに地域住民の声をしっかり届けているのか?

また、国民からの税金を利用して宅地造成工事をするURは被害を与えた責任を感じているのか…。

こどもの医療費(外来)~中3まで助成

今日から始まった定例市会。

初日の本会議で予算案が報告されました。

こどもの医療費について、微々たるものですが改善されています。

外来一部負担金の助成対象が、現行の「小学校6年生まで」から「中学校3年生まで」に広がります。

中学生は現在、外来3割負担ですが、2割負担に軽減されます。

2013年度の乳幼児医療費(民生費)は、29億7800万円で前年度に比べ、4億2400万円増えています。

施行日は7月1日となっています。

全国的には入院・外来ともに中学校3年生まで無料の自治体が次々と生まれていることと比べてみると、神戸市はまだまだ遅れていますが、予算案の”一歩前進”は医療費助成の拡充をもとめる運動を続けてきた成果だと思います。

引き続き、更なる改善を求めて要求していかなければなりません。