ブログ

へいわって なあに、




    今年の最初の読書。
    「The peace book」(童心社;Todd PARR作 堀尾輝久訳)。
    アメリカの小学生向けに書かれた絵本です。

    ─へいわって なあに、おかあさんに だかれて あったかい みんな そうだといいいね
    ─へいわって なあに、 あかちゃん にこにこ もう ひとり にこにこ
    ─へいわって なあに、いっぽんの きを だいじに うえて もりを つくろう
    ─へいわって なあに、みんなで おしょくじ たのしいね いただきまーす

    ─へいわって なあに、ピースって なあに、ひとと ちがって いいんだよ、みんな じぶんが すきになり、こまった ときは たすけあう。せかいは もっと すてきだよ そこに あなたが いるだけで! トッドから あいを こめて

    ◇           ◇          ◇
    2007年に第1刷発行となていますが、今の情勢のもとで平和についてとても考えさせられる絵本だと思います。今年もよろしくお願いします!

今日は韓国が逆転勝ち

プレミア12の準決勝、韓国対日本戦。
今度は韓国が、9回に3点差をひっくり返して4対3の逆転勝ち。
前回の試合は日本の完勝で、力の差かなと思っていただけに、結果を知ってびっくりしました。

今年までソフトバンクホークスで活躍したイ・デホ(이대호・元ロッテジャイアンツ)選手が決勝打を放ち、試合を決めました。
◇       ◇       ◇
大学時代に中国人の友達と甲子園球場で親善試合を観戦したことがありましたが、当時の日本の選抜チームは決して最強のメンバーではありませんでした。マスコミもほとんど取り上げず、期待外れでがっかりしたものでした。
あれから20数年の間に韓国プロ野球は本当にレベルアップしたのだなと隔世の感を覚えます。
アジア全体がレベルアップして、優勝決定戦が復活すれば面白いのですが。

韓国のプロ野球

    現在、世界各国の選抜チームによる交流試合がおこなわれています。韓国チームからは、カンミンホ(강민호・捕手)、ファンジェギュン(황재균・内野手)、ソンアソプ(손아섭・外野手)選手などレギュラーシーズンに活躍した選手が出場しています。

    (写真は、ソンアソプ選手。俊足の外野手です)
    …     …
    しかし、以前は、日本・韓国・台湾プロ野球の代表チームと中国の選抜チームとで優勝を争うアジアシリーズがありました。
    2005年には、当時の優勝チームである千葉ロッテマリーンズとサムソンライオンズ(삼성 라이온즈)の真剣勝負は圧巻でした。
    また、シリーズが復活してくれたらいいな。
    ◇     ◇     ◇
    「ロッテ、ロッテ、ロッテジャイアンツ、アンタ シンボンギ アンタ!アンタ シンボンギ アンタ!」
    韓国語を野球の応援歌で覚えることもできます。
    「アンタ(안타)」はヒット(安打)のこと。
    「シンボンギ」とは選手の名前です。
    この選手は現在兵役に出ており、一軍の試合には出られないようですが。
    憲法9条をもつ日本では考えられないことです。
    徴兵制が敷かれたら、主力選手の活躍の場がなくなってしまいます。 

釜山サジクスタジアム


저는 한국의 프로야구를 좋아합니다.
롯데 자이언츠의 팬입니다.
꼭, 가 보고 싶습니다.
(私は韓国のプロ野球が好きです。
ロッテジャイアンツのファンです。
ぜひ、行ってみたいです。)

子育ての支援について考える

  • 神戸市の子ども・子育て会議の報告(概要)をこども家庭局からお聞きしました。「新・神戸っ子すこやかプラン(案)」のパブリックコメントが12月から1月にかけて実施される予定です。
    子育ての悩みについて何から相談していいのか…
    よろず相談の場を整備するようです。
    「子育て世代包括支援センター」を各区役所ごとにマンパワーを拡充して来年度から開設する計画です。

    小規模保育施設を来春卒園するこどもたちが希望するところに入所できるのか。それぞれの小規模保育施設は連携施設を早期に確保しなければなりません。
    民間の保育園や認定もども園だけでは、家庭の生活実態にあった施設にたどりつけないのではないのか。
    こういう時に、公立保育所や公立幼稚園が積極的に受け入れるならば、有難いことです。
    公立の保育所や幼稚園を「再編」、閉園するのは矛盾しています。

  • あまりにも一方的な市立幼稚園の閉園計画

      「市立幼稚園の閉園時期について下記のとおり一部変更します」。

      25日付けで教育委員会から「激変緩和措置」として、同一区内で2つの幼稚園を同時閉園する東灘区・須磨区・垂水区については、「1園の閉園を1年間遅らせることにします」という報告が届きました。
      ─   ─
      ①29年度末閉園予定の須磨区の2園は名谷こすもす幼稚園を1年延期。
      ②30年度末閉園予定の東灘区はいずれか1園を翌年に。
      ③31年閉園予定の垂水区もいずれか1園を翌年に延期するとするものです。
      説明会で出された主な意見の一つが「あまりにも唐突過ぎる」でしたので、その反映であるにしても、閉園することに変わりありません。
      □   □   □
      私は本会議・代表質疑の再質問で、「それぞれに関係する皆さんは、公立幼稚園の素晴らしさを体感しており、存続を願っている。これは双方の関係者の間に対立と分断を持ち込むようなものだ。それも”閉園先にありき”であり、とんでもないことだ」と批判しました。
      閉園撤回を求めて、署名が計約20000筆集まっているようです。
      ─   ─
      これまで応対してきた当局役人は学校計画課長と係長まで。
      「組織として応対する」と、教育長は直接会って話を聴くとは言いません。
      怒りと悲しみを乗り越え、勇気を出して署名活動などに取り組む、戦う若いお母さんたちに会うのがよほど怖いのでしょうか。
      「丁寧に説明する」としながら、自信がないのでしょうか。
      聞く耳を持たずに一方的に進めるやり方は、どこかの国の内閣総理大臣と手法が同じです。

    Page 4 of 18« First...2345610...Last »